秋におすすめグルメ:北京ダック(アヒルの丸焼き)

1634190310

 北京ダック(アヒルの丸焼き)は、世界でよく知られている有名な北京料理です。中国の南北朝時代に始まり、当時は宮廷料理でした。材料は良質な食用アヒル、すなわち北京のダックです。北京ダックは、黄金色のパリパリした皮と新鮮で柔らかいジューシーな肉で、肉質は脂分を含んでいますが脂っこくなく、「天下の美味」と言われています。北京に来たら、北京ダックを食べることは北京旅行のシンボルであり、「万里の長城」と「故宮」の観光と同様に有名です。

 北京ダックは、既に数百年の歴史があります。北京ダックの切り方の種類は多数あり、皮付き肉、皮だけ、肉だけがあります。伝統的な北京ダックは、中国式クレープでネギとアヒルを一緒に巻き、キュウリスティックは口の中の油っぽさを消すために用いられます。クレープで巻いた北京ダックを1~2本食べた後、キュウリスティックを1本食べると、口の中の油っぽい感じがすぐに緩和されます。食べ方に決まりがあるだけでなく、クレープの巻き方も重視されています。クレープは、「お湯三、冷水七で小麦粉をこねる」の構成を重視しており、焼いたクレープの表面に熱ムラによってできた黄色い斑点があるのが分かります。焼き立てのアツアツ、柔らかなクレープで、皮パリパリで香りがじわじわ来る北京ダックを巻いて、一口頬張ると、北京ダックの脂が口の中に蔓延します。口中の旨味、心中の幸せ、記憶の中の香り…まさに絶品そのものです。「全聚徳」「便宜坊」「四季民福」「大董」や「1949全鴨」などのお店で、おいしい北京ダックが味わえます。

japanese.beijing.gov.cn

モデルコース
人気おすすめ