秋限定!北京の黄金色の葦原

1634797513

 紅葉や黄色の花で世界が明るくなります。それを対照に、褐色の葦は清雅で静かな風景です。落ち着くと、秋ならではの優しさと癒しを感じられます。さて、北京の葦原に行きましょう!

 青竜湖森林公園

 青竜湖森林公園は、緑に囲まれた北京初の丘陵森林公園で、北京西南部の大型生態区と自然的な休憩地です。

 秋が深まれば、青龍湖畔は驚くほどの美景になります。緑の木々が水に映り、葦が風に揺れ、カモが群れをなします。

 住所:北京市房山区石梯村南街28号

 漢石橋湿地

 ここには広大な葦が生えており、「北京西の大芦蕩」、京郊「小白洋淀」の異称がありますが、これは北京郊外では他に類を見ません。

 晩秋になると、漢石橋の湿地に葦の波がうねり、葦の花が降りしきります。遠くから見ると、湿地帯全体がぼんやりした詩のようで、詩情と絵心を満載しています。

 住所:北京市順義区楊鎮地区

 野鴨湖湿地公園

 野鴨湖湿地公園は北京最大の湿地公園であり、唯一の湿地鳥類自然保護区でもあります。ここの魅力は「野」にあります。葦の間を散歩し、百鳥が一斉に飛ぶのを見て、水草が空まで連なっているのを見て、絵心を満喫することができます。

 秋になると、野鴨湖はいっそう静かで広々としており、白い雲は大空に浮かんでおり、葦は青い雲の下に映え、時々飛鳥が羽ばたくことがあります。見渡す限りの金色で、見る人は心身ともに心地良いです。

 住所:北京市延慶区康荘鎮劉浩営村西

 長溝湿地公園

 長溝湿地公園は「北京郊外の白洋淀」と呼ばれます。秋になると、黄金の葦、赤い紅葉、ツタ、それにアオサギが水の中で游んでいます。

 住所:北京市房山区長溝湿地公園

 翠湖国家湿地公園

 他の湿地公園に比べ、翠湖はあまり人目に触れません。湿地の働物や植物を保護し、鳥の移働や繁殖期間をできるだけ避け、湿地の生態系への影響を最小限に抑えるため、予約観光のみ受け付けています。

 春と秋は翠湖湿地を楽しむ最高の時期です。特に10月は鳥を見に来る最適な時期です。

山や水がお互いに際立たせ、鳥が飛びます。渾然一体の景色はまるで美しい水墨の絵巻のように、そして元気な鳥はこの絵巻のポイントです。

 住所:北京市海淀区上荘鎮

 南海子郊野公園

 秋になると、青色を褪せた南海子公園は柔らかくてまた深くなります。青い波、葦と斜陽はここを彩ります。まるで曹植が洛水の畔に、「美人を見、岩のほとり」のような光景です。これはたぶん南海子の独特な魅力です。

 住所:北京市大興区瀛海鎮南海子

 葦は水に依って生まれ、十月には黄金色に輝き、露微花は満開になって煙のようになり、まるで秋の童話のようになります。さて、この週末、これらのスポットに行って秋を楽しましょう。【呂文開 訳】

北京旅游网翻译

モデルコース
人気おすすめ