人が少なくて景色が綺麗な私立芸術館、猫を撫でるのも可能

1637029253

 北京にはニッチの芸術館が多くあります。これらは個人的に創立されたもので、デザインがユニークだけでなく、コレクションも鑑賞に値する逸品です。

➤観復博物館

 観復博物館は新中国初の私立博物館で、1997年1月18日に開放されました。馬未都は創設者として館長を務めています。博物館は長年にわたって、後世に伝わる文化財をテーマとする展覧会を開催しており、人と歴史の交流を重視し、来館者に親しみを感じてもらうことを目指しています。

 観復博物館には陶磁器館、家具館、工芸館、門窓館、油絵館の5つの展覧館があります。陶磁器館で展示されている陶磁器は唐、宋、遼、金、元、明、清の時代で最も代表的な器物です。

 家具館には6つの展示室があり、明と清の時代の貴重な家具が全部で100点以上陳列されています。形が洗練されて輪郭がなめらかで、バランスのとれた明の家具があれば、飾りが華やかで細工が細かく、変化に富んだ清の家具もあります。

 工芸館内では長年、銅素地の七宝焼き、金属製の像、銅器、漆器、玉器、木器、「百宝嵌」(各種宝石を使った超豪華装飾品)などの歴代の工芸珍物が展示されています。

 観復博物館の中国古代門窓展は国内屈指の独特な題材です。馬館長のコレクションは世にも珍しいものが多く、いずれも足を止めてじっくりと味わう価値があります。

 博物館の外の環境は優雅で、「観復」の出所があるだけではなく、ここの主人―「観復猫」もいます。色も種類も様々ですが、威風堂々でまるでここの真の主人のようです。

 見物する人は多くなく、場所も大きくないですので、観光客はもっとゆとりを持ってコレクションをゆっくり鑑賞することができます。来館者に心地よく感じてもらえます。

 【開館時間】

 月曜日9:00-16:00(15:00チケット販売停止、月曜日が祝日の場合は16:00にチケット販売を中止し、17:00に閉館します。)

 火曜日から日曜日まで9:00-17:00(16:00チケット販売停止)。

 大晦日、元日、旧暦一月二日と三日は休館します。

 【電話番号】010-4338887

 【住所】北京市朝陽区大山子張万墳金南路18号

➤松美術館

 松美術館はコレクターの王中軍さんが自ら企画して創設した私立美術館で、大衆に自分の貴重なコレクションを展示するだけでなく、芸術の研究と創作にも新しいプラットフォームと可能性を与えます。

 美術館には展示室12軒、公共レジャー空間一つ、芸術派生品空間一つあり、総敷地面積は約22,000平方メートルです。

 松美術館のデザインは非常に簡潔で、「浄」の観を伝えています。また、199本の君子風骨を象徴する松の散る庭は、松の純粋さと気概を表しています。

 【開館時間】火曜日から日曜日まで10:00-18:00(17:30チケット販売停止、月曜日は休館。展覧の撤去や準備作業のため、松美術館は2021年11月13日から11月26日まで休館となります。)

 【電話番号】010-85165822(通じた後、また888を押します)

 【住所】北京市順義区格拉斯路

➤羅紅撮影芸術館

 羅紅と言えば、皆さんはよく知らないかもしれませんが、「好利来」(ケーキのブランド)と言えば、馴染み深く感じるでしょう。彼は「好利来」のオーナーです。この芸術館は羅紅私有の撮影展覧館です。展示品の多くが彼の撮影作品で、主に大自然、動物をテーマにしています。

 芸術館の建築外観、芸術館の展覧室、庭園景観はそれぞれオーストラリアのデザイナー、日本の建築設計の巨匠、韓国の庭園名門の継承者によって設計されます。また、館内に置かれた石は30数名の山東省の伝統的な石芸の匠人によって彫刻され、一花、一草、一木はいずれも心をこめて考案されたものです。これは正に職人の精神で作り上げた心温まる芸術空間です。

 【開館時間】

 夏季(4月~11月):9:00-21:00、20:00以降は入場停止です。

 冬季(12月~3月):9:00-20:00、19:00以降は入場停止です。

 【電話番号】010-5359905

 【住所】北京順義天竺楊林出口路(空港高速楊林大道出口から南へ200メートル)

 以上の三つの芸術館は平日人が多くので、チケットを一枚買って半日ぐらいゆっくり遊び歩くことができます。これは正に都市なりの詩と遠方ではないでしょうか。(叶威 訳)

北京旅游网翻译

モデルコース
人気おすすめ