【歴史と文化の旅】大運河・北京区間への日帰り旅行

1638514993

 京杭大運河は世界で一番長く、工事として最大規模の古代運河です。大運河の南は杭州から、北は北京まで延び、全長約1797kmにも及びます。大運河には長い歴史と高い文化的価値があります。この日帰り観光コースは大運河の北京区間に焦点を当てており、旅を通じてその歴史的および文化的な意味を探求していきます。

 【交通手段】地下鉄6号線に乗り、通州北関で降ります。出口はCです。

 ↓

 ○三廟一塔

 通州三廟一塔とは中国国内で唯一といっていいほど珍しい三つの宗教を一つの場所に集めたところです。面積は1万2千平方メートルで、儒教、仏教、道教の三つの建物が境内にあります。三つの廟とは文廟、佑勝教寺、紫清宮のことで、一塔とは燃灯仏舍利塔のことになります。400年の歳月を共に共存し、通州における見どころの一つになっています。


地下鉄6号線に乗り、臨河里駅で降ります。出口はBです。


 ○韓美林芸術館

 北京韓美林芸術館の建物は灰白色を基調としており、韓美林氏(韓美林は北京五輪のマスコット「福娃」の設計者の一人で著名な画家)が寄贈した絵画や書道、彫刻、陶器などを含む約2000件の作品が収蔵されており、間もなく約3000件の作品が順次展示されることになっております。


T116番バスに乗り、緑心公園東門駅で降ります。

 ○大運河森林公園

 大運河森林公園が運河の両岸の美しい風景を庭園に収めています。四季折々の美しさがあり、多くの観光客が訪れます。通州にある2つの4A級景勝地の1つ(もう1つは韓美林芸術館)として、公園は「一河、両岸、6大景勝地、18観光地」があり、通州特有の、北京市唯一の運河生態天然大酸素バーです。

 【注意事項】

 1.景勝地の営業時間にご注意ください。

 2.事前に予約することを忘れないでください。

 3.マスクを着用することを忘れないでください。

 

北京旅游网翻译

モデルコース
人気おすすめ