マップ

スポットのご紹介

 日壇公園と対称的に、北京市内の西側には、月壇公園があるのをみなさんはご存知だろうか?北京の地図を広げてみると、故宮を中心に日壇公園(東)、月壇公園(西)、天壇公園(南)、地壇公園(北)があるとこがわかる。「壇」とは、皇帝が祈りを捧げる場所のことで、昔は「皇室の庭」とも言われていた。   

 月壇公園は北京市の西城区に位置し、明•清両時代の皇帝が夜明神(月)と空に浮かぶ星々を祭った場所である。祭壇の表面は白い瑠璃の石がはり巡らされている。

 北京の著名な「五壇八廟」のひとつであり、またの名を夕月壇ともいう。早くは周代に、春になると太子が太陽を、秋になると月を祭っていたという。現在の月壇は明の時代、1530年に建てられ、清の時代に修繕されたものだ。国民党時代は管理が行き届かず、のざらしにされていたが、中華人民共和国成立後は修繕が行われ、1955年に公園となった。

 公園は南北ふたつの部分に分けられ、北側は赤いレンガと緑の瓦の建物が特徴的だ。南側は新しく整備され、自然と祭壇が融和して美しい。月壇公園には古代の庭園がいまだに残っており、祭壇以外にも見どころがある。祭壇の周りは塀で囲まれ、天門、神庫、具服殿などの古い建物が残っている。

 二環路沿いに位置する月壇公園は、月壇体育館の裏側にあり、地下鉄の南礼士路駅および阜成門駅から近い位置にある。ここは北京に4か所ある壇のうちで最も小さい公園だが、緑が多いため、近くの市民の憩いの場所として親しまれている。公園内には、木陰で休む人、将棋で遊ぶ人、仕事を探している人など様々な人々を見かけられる。

 2006年5月25日、月壇は明と清の古い建物を残しているということで国務院から全国重点文物保護単位に指定されている。

 

スポット一覧へ

スポットの見どころ

個人情報|サイトマップ|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2015 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved