十三陵
マップ

スポットのご紹介

    明十三陵の由来はクーデターと関係がある。明の初代皇帝の朱元璋は中国東部の南京に都を定め、朱元璋の死後、皇位を孫に継がせようとしたが、朱元璋の四番目の息子である朱棣が皇位を奪うために内戦を起こす。最終的に朱棣が皇帝になるのだが、当時都であった南京は陥落し、朱元璋の孫は行方不明となり、今でもその足取りは分かっていない。そのため今でも多くの逸話が伝説になり残っている。

 朱棣は即位後、南京は政情が不安定であると考え、都を北京に移すことにした。朱棣は北京に遷都後、自身の在位期間中に、陵墓の場所を選定しはじめる。最終的に北京西北郊外の景色が美しくて守りやすく攻めにくい現在の場所に決める。そしてその場所を「長陵」と名づけた。これは現在の十三陵の一部になっている。1409年に建造がはじまり、明が滅亡する1644年まで、200年余りにわたって、13人の皇帝がここに埋葬された。明時代の13の皇帝がこの地に眠っているため通称「十三陵」と呼ばれているのである。

  十三陵の構造と形は明孝陵と基本的に同じであり、陵墓の中軸ライン上には帝王の「尊厳」を示す神道がある。正門の前に高い石造の鳥居があり、すでに450年余りの歴史がある。この石造の鳥居は完璧な状態で保存されており、巨大な白色の石でつくられている。また、その上に刻まれた彫刻はさらに精美であり、明清時代以降はめったにみられないものになっている。

  この門からそう遠くない場所に、この陵園の正門になる大宮門がある。この正門は陵園の門戸になり、皇帝が陵を祭る時に必ず通らなければならない場所であった。大宮門から、地勢に沿って行くと、長さ約40キロメートルの陵園を取り囲む城壁や10ヶ所の要道がある。この要道には強力な軍勢が配備され、陵墓を護衛していた。十三陵の各陵墓にはいずれも監、園、衛などの名が付けられたところがある。「監」とは陵を管理する役員や宦官が住む場所であり、また陵墓の祭祀事務の管理を行っていたため、陵墓の付近につくられた。しかし、現在ではいずれも村となっている。「園」は庭師が住むところで、陵を祭る時に使用する果物と野菜などを栽培していた。「衛」は軍隊が駐留した場所で、陵墓を護衛するために配備されていた。

  皇帝たちは恒久的に自分の陵墓を保存するため、多くの神話を作りあげただけではなく、墓を極めて厳重に封印していた。そのため、各陵墓にある地下宮殿はずっと神秘のベールに包まれていた。十三陵の中にある定陵は、これら陵墓の中で最も神秘的で、特にその地下玄宮は長い間、人々に知られてこなかった。

 そこで1956年5月から中国の考古学者により定陵地下宮の発掘が開始されることになった。定陵の地下宮は総面積1195平方メートルにもなり、5つの殿堂からなり、全て石で作られている。霊柩車を地下宮に搬入する際、地面を傷つけないように臨時で敷設した厚い木の板が今でも前殿から後殿までで残されている。中殿には白色の石の玉座が3つ残っている。後殿は玄堂と称され、地下宮のメインの部分になる。正面の柩床の上には、3つのうわ柩が置かれている。そのうち、真ん中のうわ柩は特に大きいが、これは当時の皇帝朱翊鈞の柩で、その左右に2人の皇后のひつぎがある。またそのまわりには26の副葬の箱、玉石、染付磁器などが散りばめられていた。

 定陵の発掘が進むにつれて、貴重な文化財が3000点余りが出土された。そのなかには、きらびやかで多様な色彩の織物や衣装、精巧で美しい金をちりばめた装飾品なども含まれていた。また、珍しい金の器、玉製の工芸品、陶磁器などもあり、これらは明時代の工芸を研究する際に非常に貴重なものになっている。

スポット一覧へ

スポットの見どころ

個人情報|サイトマップ|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2015 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved