北海公園
マップ

スポットのご紹介

   景山公園の西側に位置しているのが総面積約71ヘクタールにもなる北海公園である。西暦10世紀に建造されたという美しい島と宮殿は、中国に現存する王宮庭園の中では最古のものである。この公園の中心になっているのが北海といわれる巨大な人口湖である。この湖(北海)を取り囲む形で、北岸、東岸、瓊華島、団城、北海植物園と大きく5ヶ所にわかれている。

   以前は宮廷庭園であったため、もちろん一般公開はされておらず、もっぱら歴代王朝が長い歳月をかけて作り上げてきた宮廷庭園だった。金・元・明・清代を通じ皇室の御苑「皇家園林」として発展し、清の乾隆年間にはほぼ現在のかたちになった。しかし、清朝が滅亡した後の1925年に市民に公開されて以来は、北京をはじめとする国内外の観光客を惹きつける公園となった。  

   北海の中央に浮かんでいる島は瓊華島という。そこの中央に建てられているチベット仏教様式の白い塔にちなんで、一般的には「白塔山」と呼ばれている。この島の中央にそびえている印象的な白塔は1651年チベット仏教を信仰していた順治帝によって建てられたものだ。  

   周囲880mの瓊華島は北海公園の中心であり、南側の白塔山と万歳山、島上の建造群が複雑な景観を織り成している。仏教建築が並び、白塔山に建つ清の順治帝が建造したチベット式仏塔「白塔」が特に目を惹きつける。白塔の南側にはチベット仏教寺院「永安寺」がある。島の北側にも全長300mの回廊「長楼」や宮廷料理を出すレストランなどがある。  

   北部湖エリアには清皇帝の書斎であった庭園「静心齋」、皇族が釣りや月見を楽しんだ石造りのあずまや「五龍亭」、9体の龍が描かれた鮮やかな巨大レリーフ「九龍壁」等があり、清・乾隆帝時代を偲ばせる建造物が多い。  

   南部エリアは全長276mの城壁で囲まれた小高い丘は「団城」と呼ばれている。そこには南北を軸に左右対称構造の建築群と庭院があり、中央の主殿「承光殿」は康熙年間の建造物で白玉製の仏像が奉納されている。

スポット一覧へ

スポットの見どころ

個人情報|サイトマップ|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2015 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved