中国人民抗日戦争紀念館
マップ

スポットのご紹介

    中国人民抗日戦争記念館は社会科学類の歴史記念館であり、豊台区宛平城に位置している。北京の市街地から約15km離れていて、盧溝橋事件の舞台となった盧溝橋のとなり「宛平城」の中にある。中国人民抗日戦争記念館は国家「七五」計画における重要な建築プロジェクトで、1987年7月7日、すなわち盧溝橋事件の50周年に当たって公開された。

    記念館には、1931年の「九一八事変」(満州事変)から1945年の抗戦勝利にかけての14年間の貴重な歴史資料と写真約5000が展示されている。重大な事件、重要歴史人物の遺品および原稿などをメインに、抗日時期の文献、本、書類、資料などが数千点収蔵されている。

    記念館は総合ホール、日本軍暴行ホール、人民戦争ホール、抗日烈士ホールの4つの部分からなる。大きな写真パネルやイメージ図、復元された現場の模型などを使用して、実物と模型地を組み合わせて、立体的な空間を演出している。「水上ゲリラ部隊」や「地道戦の様子」などもある。

スポット一覧へ

スポットの見どころ

個人情報|サイトマップ|お問い合わせ•ヘルプ

Copyright@2002-2015 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved