「鬼の街」と呼ばれていた
北京のグルメストリート「簋街」

「簋街」は北京っ子が呼んだ北京の東城区・東直門内にあるグルメストリートへの呼び名で、簋街の周りには大使館が林立する立地の良い場所です。この約1500メートル程の東直門内大街には約150軒の店があり、このようにたくさんの店が一箇所に集中するのは北京でも唯一無二でしょう。

続きを読む
 
 
北京で異文化を体験しながらもおいしいエスニック料理が楽しめるグルメストリート「牛街」

北京には「北京の軽食は宣武にあり、宣武の軽食は牛街にある」という言い方があります。牛街は北の広安門内大街から始まり南の横街まで延び、街には、牛街礼拜寺があるため、有名な観光スポットでもあります。

続きを読む
 
 
美食あり、バーあり、北京でナイトライフも楽しめるグルメストリートの「什刹海」

北京の什刹海は「海」と呼ばれているが、実は一つの巨大な人工湖であり、昔は王室だけが楽しめる湖で、北京の有名な観光スポットである北海とつながり、景山や故宮を遠くに眺めることができます。現在の「什刹海グルメエリア」は後海にあるバーストリート、煙袋斜街、銀錠橋グルメストリート、地安门外大街鼓楼を指し、ここには数百軒の店が集まっています。

続きを読む
 
 
雰囲気もコスパもいい北京のグルメストリート・「方庄」

方庄飲食街の料理の種類が揃っていて、中華料理はもちろん、西洋料理もたくさんあることも、人気の理由です。この街は簋街のような毎晩賑わう場面がありませんが、店全体のレベルと雰囲気は簋街よりは高く、毎日の午前11時から賑やかになり、夜まで続きます。

続きを読む
   
 
老舗が多い北京の「前門グルメストリート」で
その味を体感!

「前門」は北京の正陽门の俗称で、箭楼と城楼が含まれ、もともとは甕城牆で一体に繋がっているが、道路建設のため二つの部分に分けられました。しかし、人々は大柵欄辺りを「前門」とも呼んでいるので、厳密に言えば前門は区域のコンセプトで、正陽门とその前の珠宝市、大柵欄などのエリアを指しています。ここには様々な商品があるだけでなく、グルメの天国でもあります。

続きを読む
 
   
グルメもナイトライフも楽しめる北京の「三里屯バーストリート」

北京の三里屯には西洋味が濃厚なバーストリートで三、四百メートルに達する街に70軒以上のバーが並んでいます。メインは西洋料理レストランで、最近は何軒もの特色のある飲食店が新しくできました。

続きを読む
北京だけでなく、世界の味も楽しめる「霄雲路グルメストリート」

ここには各種類と各味の料理があり、その独特で魅力的な味は霄雲路にプチブルジョアの雰囲気をもたらし、快適な空間の中で美食を楽しみ、エレガントな環境の中で幸せを感じることができます。

続きを読む
    
   
観光やショッピングが兼ねてできる
北京の「王府井グルメストリート」

このグルメストリートには百軒以上の店舗、屋台があり、また北京と中国各地の特色のある軽食、旅行記念品、民芸品の店もたくさんあります。王府井グルメストリートは古都北京の伝統的な建築特色と下町文化を融合しています。街の入り口に高さが十数メートルの精美な擬古牌坊があり、街は四つの区域に分けられ、全部が明清時代の建築スタイルを基調としているが、雰囲気は異なり、それぞれの特徴があります。

続きを読む
   
   
中国各地の名物料理がある北京・「阜成門グルメストリート」

ここには伝統的な北京グルメだけでなく、広東料理、杭州料理、淮揚料理、湖南料理、湖北料理、四川料理などの各地の料理も揃っています。

続きを読む
高級そうな店がずらりの北京・「金宝街グルメストリート」

「金宝街」は王府井付近に位置し、金魚胡同と雅宝路で名付けられ、その字面の良い意味はそのハイエンドなビジネス圏の位置付けをも浮き彫りにしています。

続きを読む
   
   
   北京観光公式サイト
Copyright@2002-2018 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved