引き立て合う古建築とイチョウの黄葉
引き立て合う古建築とイチョウの黄葉

東城区は中心城区の東北、旧北京城内の東部に位置します。文化の拠点である東城の中心は、紫禁城としても知られる故宮博物館です。毎年秋になると、各地に点在している黄葉したイチョウの葉越しにこれらの古建築を撮影すると、絵のような美しい眺めとなります。

詳細はこちらへ
宮廷文化と民俗文化が融合したエリアの秋景色
宮廷文化と民俗文化が融合したエリアの秋景色

3000年以上の街づくりの歴史を持っており、800年以上都として役割を果たしてきた西城区は、宮廷文化と民俗文化が融合したエリアです。西城区には観光名所が数多くあり、特に有名な場所としては、月壇公園、歴代帝王廟、陶然亭公園、北京大観園、醇親王花園などが挙げられます。それでは、一部の観光名所の秋景色を紹介しましょう。

詳細はこちらへ
情緒あふれる美しい景観が広がる朝陽区
情緒あふれる美しい景観が広がる朝陽区

朝陽は北京中心部東部に位置し、北京市における最大面積の市轄区であります。区内には外国公館や外交官宿舎が多く、これに付随して外国報道機関や外国商社、国際的なホテルなどが林立しています。そのため、秋の時期になると、朝陽区は特別なの情調漂うエリアになります。

詳細はこちらへ
秋の風物詩と言える景色はここに!
秋の風物詩と言える景色はここに!

北京市の北西部に位置する海淀区の面積が430.77平方キロメートルです。区内には香山、玉泉山、万寿山と静宜園、静明園、頤和園、暢春園、円明園、臥仏寺、大覚寺、碧雲寺などの名勝旧跡も数多くあり、園林の風景が美しく観光資源に富んでいるエリアでもあります。中国園林の秋景色を見たいならぜひここへ!

詳細はこちらへ
インスタ映えする秋のスポットが登場!
インスタ映えする秋のスポットが登場!

北京市の南部に位置する豊台区は北京市の「城六区」の一つであり、その総面積が306平方キロメートルです。永定河が流れ、その上に架かる盧溝橋とその東の袂にある明末の城郭都市の宛平城が重要な史跡であります。最近、豊台区にはインスタ映えする秋のスポットが多く登場しました!

詳細はこちらへ
建物と秋景色が溶け合う絵巻物
建物と秋景色が溶け合う絵巻物

北京市の西部に位置する石景山区の総面積は85.74平方キロメートルであります。石景山区にある八大処公園や法海寺は、北京市民が山に登り、秋の紅葉を鑑賞する理想的な場所です。鮮やかな黄色のイチョウの葉もあり、建物と秋が溶け合い、まるで絵巻物にいるような気分になります。

詳細はこちらへ
花、葦と紅葉が彩る秋の景観
花、葦と紅葉が彩る秋の景観

2本の主要な川が順義区全域を貫き、潮白河の河畔に、面積が6.3万ムーである潮白河国家森林公園が置かれています。百里まで長く続く舞彩浅山、きらきらと輝くオリンピック水上公園、百花繚乱の北京国際鮮花港も同区にあります。景色が素晴らしい順義区の秋に入りましよう。

詳細はこちらへ
秋なり飽きなし!北京昌平区の秋景色
秋なり飽きなし!北京昌平区の秋景色

昌平区は6000年の文明史と2000年の建設史を誇り、明の十三陵と居庸関との2つの世界遺産を有する文化観光名区です。昌平区の秋名所といえば、広く知られている蟒山国家森林公園や明十三陵神路のほかに、銀山塔林、張各荘の銀杏林、未来科学城水辺公園などのニッチな場所も挙げられます。

詳細はこちらへ
文化と景色に酔いしれる旅なら秋の通州へ
文化と景色に酔いしれる旅なら秋の通州へ

通州区は、北京市の南東に位置し、近年では北京市の副都心として発展著しい地域です。通州区は歴史が長く、人類が新石器時代から既に同区に住みはじめました。同区は2200年余の建設史を持っており、運河文化の蓄積が厚いです。通州区の秋名所もほぼ運河沿線にあります。

詳細はこちらへ
日帰りで行く!北京大興の秋の絶景おでかけスポット
日帰りで行く!北京大興の秋の絶景おでかけスポット

北京市の南部に位置する大興区北京市の中心エリアに最も近い郊外区です。大興区は歴史が長く、先秦時代に県として設置されてから現在まで2400年ほど経っており、中国で最も早く設置された県の一つです。スイカの産地として知られる大興区には秋の絶景おでかけスポットもあります。

詳細はこちらへ
自分なりの秋の味わいを語っている延慶
自分なりの秋の味わいを語っている延慶

「北京の夏の都」と呼ばれている延慶区には龍慶峡や八達嶺長城、北京野鴨湖国家湿地公園、九眼楼長城など、豊かな自然生態資源や歴史文化遺跡があります。同区は2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技会場の一つにもなっています。秋の延慶区も自分なりの味わいがありますよ。

詳細はこちらへ
秋の懐柔、原始森林公園と長城の絶景も堪能できますよ!
秋の懐柔、原始森林公園と長城の絶景も堪能できますよ!

懐柔区は歴史が長く、1300年も前の唐の時代に既に「懐柔」と名付けられました。観光は懐柔区の基幹産業として、区内には紅螺寺、雁棲湖、慕田峪長城などの観光名所があります。「京郊明珠」と「北京の裏庭」と称賛されている懐柔区の秋景色を見逃すことなく楽しんでくださいね。

詳細はこちらへ
山の間に隠れている秋景色を探しに行きましょう!
山の間に隠れている秋景色を探しに行きましょう!

北京市の北東部に位置する密雲区は北京市で面積が最も大きい区です。密雲区の森林被覆率は73.63%に達しています。秋の時期になると、ここは天然的な紅葉林になります。また、明・清時代の面影を感じさせるテーマパーク的な古北水鎮で秋の水郷巡りもできます。ここからほんの一部密雲の秋景色をご紹介いたします。

詳細はこちらへ
秋の山と湖の景観を楽しめる場所 北京市平谷区
秋の山と湖の景観を楽しめる場所 北京市平谷区

平谷に位置する金海湖は北京市の面積が最大な水上レジャーエリアであります。エリア内ではハグマノキやカンポウフウ、ルスティフィナ、コガネエンジュなど10種余りの木々が計2万ムーにわたり色づいています。

詳細はこちらへ
秋景色のベストシーズンを迎えた魔法の土地
秋景色のベストシーズンを迎えた魔法の土地

房山区は、北京市西南部に位置する区。房山区は歴史が長い魔法の土地です。10億年以上の歳月を経った自然の創造、何百万年もの地質学的変化によって、ここでは壮大で魔力のある自然の風景を作成しました。秋本番の10月、房山区も秋を堪能するベストシーズンを迎えました。

詳細はこちらへ
心洗われる美しい秋の山景色とお寺
心洗われる美しい秋の山景色とお寺

北京市の西部に位置する門頭溝区には妙峰山、百花山や霊山などの山名所がたくさんあります。また、区内の潭柘寺は北京地区で歴史が最も長い寺院です。その伽藍が明清時期の風貌を維持しており、北京の郊外で規模が最も大きい古代寺院建築です。周辺の山々とともに、赤色や黄色に彩られた「紅葉浄土」の世界を探しに行きましょう!

詳細はこちらへ

Derechos de autor @ 2002-2021 www.visitbeijing.com.cn Todos los Derechos Reservados