世界遺産に登録されている美しい建築群、その魅力は?

北京には7つの世界文化遺産があります。故宮、万里の長城、周口店の北京原人遺跡、天壇、頤和園、明・清王朝の皇帝墓群及び大運河です。そのうち、故宮、長城、天壇、頤和園、明・清王朝の皇帝墓群はそれぞれ個性的な建築様式があります。

詳細はこちらへ
首都として八百年もの歴史!圧倒的な存在感がある北京の皇室建築

皇室建築は北京にある世界遺産の中でも圧倒的な存在感です。七つの世界遺産のうち、北京の中軸ラインの中心部に位置する故宮(紫禁城)、天下の美しい景色を庭園に収める頤和園、明と清の皇帝が天を祭ったり五穀豊穣を祈ったりする天壇建築群、明・清王朝の皇帝墓群はいずれも古代中国の皇室建築の真髄です。さらに、北京にはほかにも多くの皇室建築があります。一緒に見てみましょう。

詳細はこちらへ
最も味のある北京の伝統民居、濃厚な文化や生活の暖かさ

北京のような高層都市では、都市の文脈である伝統民居がさらに貴重であります。北京の伝統民居といえば、四合院が代表格であります。こういう住宅はおよそ元の時代に建てられ始めたが、現存する四合院のほとんどは清の時代から造られたもので、それぞれ独自のユニークな物語を記録しています。四合院を見学したことがないと、北京の濃厚な文化や生活の暖かさを理解できません。

詳細はこちらへ
都市景観が一変!特異なデザインのものが多い北京の現代建築

この数十年間、都市開発が盛り上がった北京では歴史的都市の構造が受け継がれていると同時に、その都市景観が一変していました。多くの超高層ビルが林立し、北京の現代建築にも特異なデザインのものが多いです。有名な建造物といえば中国国家大劇院、大興空港などが挙げられます。今回、その北京の現代建築の中からおすすめの建築をご紹介します。

詳細はこちらへ
史上初めて夏冬両方の五輪を開く都市、五輪会場も必見場所に

2022年北京冬季五輪の開幕まで、7月31日であと188日です。史上初めて夏、冬両五輪の開催都市になる北京では準備が着々と進んでいます。2022年北京冬季五輪の各会場も徐々に公開されてきました。本日は先端技術を活用し、おしゃれなデザインにも工夫を凝らした北京のいくつかの五輪競技会場について知りましょう!

詳細はこちらへ

北京旅游网 2002-2021, All Rights Reserved 保留所有权利