共に北京城を観光・中国新年を祝う|2023年海外「歓楽春節」文芸盛典に各国友人を招待

2023-01-20

2023年海外「歓楽春節」イベントは北京市人民政府、ヘルシンキ市政府、中国駐フィンランド、エストニア、ギリシャ、ベルギー、カナダ大使館が共同で主催し、北京市文化と観光局、アテネ中国文化センター、ヘルシンキカエサル文化センターによって制作、執行する。

2023年は北京市「歓楽春節」イベントがフィンランドで開催する十七年目、エストニアで十四年目、ギリシャで七年目、カナダとベルギーで三年目である。「歓楽春節」イベントはフォンランド、エストニア、ギリシャの首都で非常に影響力のある大型慶典イベントの一つとなり、ベルギー、カナダなどの国でも観光客に高く評価され、ブランド化、ローカライゼーション、マーゲティング効果を得た。

2023年海外「歓楽春節」グラウド文芸祭典は北京で滞在するフィンランド、エストニア、ギリシャ、ベルギー、カナダなどの国の友人をイベントに招待し、中国文化を体験したり、ファッション生活を感じたり、共に北京を観光したり、中国新年を祝ったりする。文芸パフォーマンス、無形文化財民俗、旅行宣伝など素晴らしい内容も外国友人とともに「北京を散策」、ライブ放送のカメラに映し出された。

文芸祭典は兎年春節期間(1月22日正月一日前後)フィンランド、エストニア、ギリシャ、ベルギー、カナダなどの国のテレビ放送局、ネットメディアとソーシャルメディアで盛大に行われ、北京時間、Visit Beijingなど中外プラントフォームで同時に導入される予定だ。

オンライン「歓楽春節」文芸祭典プログラムリスト

第一章:最も美しい北京中軸線―体験ゲスト:アンニ(エストニア)

ダンスパフォーマンス『書道丹青』(曾明 中国東方演芸グループ)

第二章:最も北京風味のあるレジャー観光地―体験ゲスト:西奥多(ギリシャ)バンドパフォーマンス『軽舟』(二番目バンド)

第三章:最も北京風味のある文化ストリート―体験ゲスト:西蒙(カナダ)武術パフォーマンス『中華武術』(振宇武術団)

第四章:最も北京風味のあるグルメ―体験ゲスト―艾山児(フィンランド)、奥利弗(ベルギー)

室内楽演奏『花好月園』(中国広播民族楽団)

外国友人が「北京を散策する」、没入的に中国新年を感じる

今回の文芸祭典は「北京を散策―『最』北京」をメインに、四つの「最北京」コースを厳選し、それぞれ「最も美しい北京中軸線」、「最も北京風味のある文化ストリート」、「最も北京風味のあるレジャー観光地」、「最も北京風味のあるグルメ」であり、五つの国からの外国友人は故宮、天壇、瑠璃場、北京坊、老舎茶館、簋街、798芸術ストリートなど北京有名な文化旅行「ネットで人気な観光地」へ行って、北京中軸線にある名所旧跡、文化ストリートにある中華老舗、胡同の中の伝統グルメ、ファッションストリートの人気な料理を探索し、湖筆、木版水印、兎児爺、北京影絵芝居など無形文化財芸術制作を体験し、対聯を書いて、国潮文化クリエイティブ店を見学し、当代芸術ストリートを観光し、身を持って中国伝統文化の深い内包と北京が国際大都市としてのファッション生活を感じる。

文芸パフォーマンスが優秀な伝統文化を注目し、当代活力も備え、国際交流逸品を作る

四つの文芸パフォーマンスはライブ放送の中で順番に披露され、音楽、舞踊、武術など多様な芸術形式を融合して、北京広播電視台の司会者李楊薇を招待し、各国ゲストと歓談する。中国東方歌舞団主席役者曾明は舞踊「書道丹青」を披露し、中国書道の「筆が龍蛇のように迅速に走る」勢いをモダンダンスの颯爽を見事に調和を成している。振宇武術団は什刹海をロケーション先として、「中華武術」表現を披露し、武術文化のダイナミックな美しさと歴史建築の特色と勢いが相乗効果を収めた。

中国広播民族楽団は民間音楽合奏「花好月圓」を通じて春節のムードを醸し出し、春節の祈りを伝える。パフォーマンスは青年バンド二番目を招待して、歌「軽舟」を披露し、青春の活力とファッションな編曲で、国潮要素を溶け込み、オリジナル流行音楽の魅力をアピールする。文芸パフォーマンスは「歓楽春節」の伝統を受け継ぐ同時に、北京当代芸術発展と精神風貌を反映している。

北京は世界各地からの友人を歓迎する!2023年に各国からの友人に「家へ遊ぶ」ことを招致する

盛典は中国春節の伝統習慣「串門児」(隣人、または親戚の家へ行って遊ぶことを指す)をきっかけとして、中外友人を一堂に招待し、北京市海外文化交流センターで世界吉慶生肖デザインコンテスト成果展を見学し、北京での生活と春節の思い出を分かち合い、春節のグルメを味わい、春節のギフトを交換する:エストニア友人アンニが国潮文化クリエイティブ印章で葉書を作り、カナダ友人西蒙が春聯を書き、ギリシャ友人西奥多が兎児爺の作り方を学び、フィンランド友人艾山児、ベルギー友人奥利弗が「年々有魚」を披露し、各国友人が友誼をともに話し、祝福を伝え、北京の世界「モーメンツ」をシェアする。

今回イベントの全体の形式はもっと体験感、没入感を備え、ビデオ内容は「庶民の生活に近い」、国際化視点から中国ストーリを語り、首都北京の古都文化、京味文化、革新文化を反映して、歓楽春節の「歓楽、調和、シェア、幸福を祈る」の理念を十分に説明した。今回「歓楽春節」文芸盛典は北京が世界への招待を伝え、外国友人が北京へ観光することを歓迎する!

海外春節パレードはオフライン祝賀行事が秩序よく回復し、文化交流、民心の相通じることを促進

「歓楽春節―中国ギリシャ青年音楽家コンサート」は1月14日アテネ音楽学院で開催し、600余りの観光客が現場でパフォーマンスを見た。15の中国とギリシャの芸術家がともに演出し、ピアノ、バイオリンなどクラシックな西方楽器以外に、箏、揚琴、二弦の胡弓など両国伝統の民族楽器も加えて、多くの合作曲目をもたらし、アテネ国家管弦楽団、アテネ音楽学院殿協力も音楽の可視性と芸術性を増加し、パーティーの雰囲気が盛り上がって、素晴らしかった。

駐ギリシャ大使肖军は挨拶の中で、今回のイベントは音楽を媒介として、中国とギリシャ両国の人文交流の橋を架け、二つの古い文明と和合の美しさ、文明の互いに学び合いの精華を繁栄し、意味はとくとくであり、今回のコンサートを皮切りとして、両国音楽団体と音楽に興味のある青少年友人がより多くの交流協力プラントフォームを構築し、了解を深め、協力を続けることを期待すると指摘した。アテネ音楽学院の芸術総監督Nikos Athenaiosも音楽は西方音楽の独特の魅力を展示し、中国とギリシャ青年音楽家コンサートの引き続き開催することを期待している。

フィンランド首都ヘルシンキも2023年1月21日大晦日に、四中心商業大街で中国春節パレードを行われ、現地芸術家のパフォーマンスチームがドラゴンダンス、花火パフォーマンスなどの番組も披露された。多くの文化センターも氷彫展、水墨画体験、折り紙作業場、映画放映など多様な形式の春節シリーズ文化イベントも行われる予定だ。フィンランドと中国協会の主席Mikko Puustinenは今回のイベントに「兎年が新たな希望をもたらし、中国人民と世界人民は共同な願いをもって、楽観的な態度で新しい一年のチャレンジを迎える。」と期待を表した。

北京文化旅行の新しい目的地写真展、インバウンド観光宣伝、生肖文化クリエイティブ展示もギリシャ首都アテネとエストニア首都タリンで相次いで登場する。今回イベントの中で、中外が緊密に協力し、交流合作によって「歓楽春節」シリーズイベントのオンラインとオフラインの連動を実現した。

イベントはフィンランド、ギリシャなどの国のために千余り分の兎年生肖の手を暖めるもの、スマホのスタンド、荷札など春節文化クリエイティブギフトと北京文化旅行の新しい目的地「北京新発見」パンフレットを用意四、オフライン活動期間中、地元住民に配布し、传统生肖の特色を展示し、北京インバウンド観光を宣伝し、民心の相通じることを促進し、ブランドの影響力を強化する。

放送時間とプラットフォーム一覧

海外

国内

北京旅游网翻译

モデルコース
人気おすすめ